がんってどんな病気?

悪性腫瘍(がん)とは
「遺伝子の変異によって自律的で制御されない、増殖を行うようになった細胞集団のなかで周囲の組織に浸潤し、転移をしていく腫瘍である」
とされています。
上皮内新生物とは
まだ組織を境界する膜(基底膜)を破って浸潤していない腫瘍・癌を表します。
この上皮内新生物は組織に浸潤していない状態のため、切除することが可能となってる病気です。

 

がんは、1981年から日本の死亡原因の第1位、その後も高齢化とともに年々増加傾向にある病気です。
2005年に行われた統計ではがんで死亡する確率は、男性27%、女性16%と推定され、一生のうち何らかの「がん」と診断される確率は男性55%、女性41%とされ、男女ともに2分の1はがんにかかる時代になってきていると言われています。

 

近年では早期発見のための健診の啓発や医療技術の進歩により、「不治の病」と呼ばれていた時代から約半数以上の「命が助かる時代」へと変化してきています。
このため、近年では“がんになってもどのようにして付き合っていくのか”ということが考えられるようになってきています。

 

がんの治療法は?

がんの治療方法は、手術抗がん剤治療放射線治療の3つがあります。
初回の治療時に手術や放射線治療を受け、再発・転移の予防のための治療が継続されます。

 

がんの種類にもよりますが、いくつかを組み合わせて行うのが基本となっています。

 

最近では自己負担が多いが体に負担が少ない、などの先進治療を選択することも可能です。
また、がんに伴う身体と心のつらさを和らげる緩和ケアを同時に行っていきます。

 

がんの治療期間・治療のための費用は?

がん治療が高額になる要因として、治療の長期化と先進医療など受ける治療方法によって費用が異なることがあります。

 

まず大きな費用を要するのは手術や放射線治療などの初期治療とそれにかかる入院・検査等の費用です。

 

また、術後の再発予防の抗癌剤治療、再発の有無をチェックするための定期的な血液・画像検査等の費用がかかります。
これらの治療費は、ガンの部位や治療方法、入院日数、検査・薬の種類によっても異なりますが、年間100万円を超えるケースもあります(実質の治療費で負担額とは異なります)。
また、最先端の治療方法(先進治療)も治療としての効果が期待されますが、1件あたり300万円以上もかかり、自己負担の割合が重くなっています。

 

2004年の調べでは全がんでの平均入院日数は32.6日、平均自己負担額は91万5千円との報告もあります。
これらの平均入院日数は徐々に短期化される傾向にあるようです。

 

以上の金額を全て自己負担というわけではなく、国の高額療養期制度などを用いて実際の負担金額はもっと少なくなります。
1回の入院日数は短くなりますが、複数回の入退院がある可能性があるので考慮が必要です。

おすすめの保険はこちらです

アメリカンホーム保険会社

【みんなのほすピタる3000ガンタイプ】

アメリカンファミリー

【アフラック 生きるためのがん保険Days】

アメリカンホーム保険会社のがん保険「みんなのほすピタる3000ガンタイプ」は、親しい方ががんになり自分も将来のがん発症リスクに備え、早めに準備しておきたい。ぴったりときりのよい保険料ですっきりと備えたい、という方にお勧めのがんに特化した保険です。

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days」は幅広いがん治療に対応できる保障を備えたい方におすすめのがんに特化した保険です。
入院や三大治療(手術・放射線・抗癌剤治療)のための通院も日数無制限で補償されます。

アメリカンファミリー

【アフラック ちゃんと応える医療保険EVER】

オリックス生命保険

【がん保険 ビリーブ(Believe)】

CMでお馴染みのアフラック「もっとやさしいEVER」は健康に不安がある方も入りやすい医療保険です。必要な告知事項(条件)は3つと他社の保険よりも少なめで、健康上の理由で保険加入を諦めていた方でも加入できる可能性があります。

オリックス生命のがん保険「believeビリーブ」は、初めてがんと診断され、入院されたときの保障が特に手厚く、また、入院や手術を繰り返した場合の保障も充実しているのが特長です。