肝疾患ってどんな病気?

肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、幹細胞が壊される病態です。その原因には、ウィルス、アルコール、自己免疫などがあります。
日本ではB型、C型といった肝炎ウィルスによる感染が多く見られます。

 

肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、自覚症状が出現し難い臓器です。
全身のだるさ黄疸が現れることがありますが、肝臓が悪いと感じることは少ないでしょう。

 

慢性肝炎の状態が長く継続すると、「肝硬変(肝臓が硬く、小さくなる)」になります。
肝硬変は正常に働くことのできる細胞の数が減るため肝臓の機能が失われていきます。
その後、肝臓がんを発症しやすい状態となります。
初期には自覚症状はりありませんが尿の色が濃い、むくみ、腹水などの症状が当てはまる場合は受診が必要です。

 

肝炎・肝硬変の治療法は?

肝炎ウィルスに感染しても、症状がでずに終わる場合もありすぐに治療が必要でない場合もあります。

また、治療は症状と体の状態に合わせて選びます。

 

まずは食事療法が重要でバランスの良い食事とアルコール摂取制限など生活習慣の改善が必要です。
また、ウィルス性肝炎を根治する期待がされるものに「インターフェロン治療」があります。
その他に内服薬での治療など方法は様々です。

 

肝疾患の治療期間・治療のための費用は?

急性肝炎では肝臓の機能が回復するまでに3−4ヶ月程度かかると言われますが、通常の生活を送れるようになるためにはそう長い入院期間は必要なく、症状が軽ければ1週間程度の入院になります。
発見や治療介入が遅くなると、入院期間も伸びる傾向になります。
高い治療効果が期待されるインターフェロン治療は高額で、年間約80万、1ヶ月あたり約7万円の自己負担があるという調査があります。

おすすめの保険はこちらです

アメリカンホーム保険会社

【みんなのほすピタるシリーズ】

アメリカンファミリー

【アフラック ちゃんと応える医療保険EVER】

アメリカンホームダイレクトの引受基準緩和型保険「みんなのほすピタる終身型」は健康告知の基準を引き下げ、持病があっても申し込みやすい医療保険です。加入するために必要な条件は4つ。加入以前にかかっていた持病・既往歴も保証対象となり、再発・悪化による入院や手術などが補償されます。

CMでお馴染みのアフラック「もっとやさしいEVER」は健康に不安がある方も入りやすい医療保険です。
必要な告知事項(条件)は3つと他社の保険よりも少なめで、健康上の理由で保険加入を諦めていた方でも加入できる可能性があります。