高血圧ってどんな病気?

2006年の国民健康・栄養調査では、日本人40〜74歳の人のうち男性は約6割

女性は約4割高血圧(140/90mmHg以上)であるとされています。

 

高血圧の人の割合は年齢によってばらつきがあり、日本では高血圧の人が約50%を超えるのは、男性で50代、女性では60代、70歳以上になると、男性では約71.4%が、
女性では約73.1%が高血圧になると言われています。

(平成18年国民健康・栄養調査)

 

高血圧には自覚症状がほとんどないのが特徴で、健診で早いうちに発見できても自覚症状がないために治療をしない人も多くいます。

 

しかし、高血圧は放置すると血管が硬くなる動脈硬化になったり、狭心症や心筋梗塞脳卒中の発作を起こす危険性が高くなります。
そのため高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれることもあります。

 

高血圧の治療法は?

高血圧治療は自覚症状がなくても今後に起こりうる病気を防ぐために行う必要があります。

 

具体的な治療にはまず、肥満の解消や食生活の見直しなどの生活習慣の改善と降圧剤などを飲む薬物療法があります。
薬を飲んでいても生活習慣を見直し、血管や心臓に負担をかけないようにしていく努力が必要となります。

 

高血圧の治療期間・治療のための費用は?

高血圧で継続的にかかる費用は主に薬代、通院代、検査代です。
受診1回での費用は平均1,000円〜2,000円程度になります。薬の種類などによって変動はあります。
高血圧治療は他の生活習慣病の予防目的があり、治療、検査は継続的になります。

おすすめの保険はこちらです

アメリカンホーム保険会社

【みんなのほすピタるシリーズ】

アメリカンファミリー

【アフラック ちゃんと応える医療保険EVER】

アメリカンホームダイレクトの引受基準緩和型保険「みんなのほすピタる終身型」は健康告知の基準を引き下げ、持病があっても申し込みやすい医療保険です。加入するために必要な条件は4つ。加入以前にかかっていた持病・既往歴も保証対象となり、再発・悪化による入院や手術などが補償されます。

CMでお馴染みのアフラック「もっとやさしいEVER」は健康に不安がある方も入りやすい医療保険です。
必要な告知事項(条件)は3つと他社の保険よりも少なめで、健康上の理由で保険加入を諦めていた方でも加入できる可能性があります。