脳卒中ってどんな病気?

日本は過去死因の第1位が脳卒中でした。
しかし現在では死亡原因第3位になっています。
これらは患者数が減ったのではなく、医療の進歩により亡くなることが少なくなったことが理由です。

 

脳卒中はクモ膜下出血、脳内出血および脳梗塞の総称です。

脳梗塞は脳を血管が詰まるタイプの病気で、脳卒中死亡の60%を占めています。
脳出血は脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまうタイプで、
高血圧等で血管が破れることが原因となります。

 

日中活動しているとき、頭痛やめまい、半身麻痺、意識障害などが起こり、脳卒中の死亡約25%を占めます。

 

クモ膜下出血は脳を覆っている膜のあいだにある動脈瘤が破れ、膜と膜の間にあふれた血液が脳全体を圧迫する病気です。
突然の激しい頭痛や嘔吐、けいれんが起こり易く、意識がなくなり急死することもあります。
後遺症として半身の麻痺や言葉の障害が残ることがあります。
歩行や家事などの日常生活動作が困難になることもあるため、退院後も長く病気と付き合っていく必要があります。

 

脳卒中の治療法は?

脳卒中の治療には動脈瘤の破裂を防いだり血腫を取り除く手術療法、血栓を溶かしたり血流を良くする内科的治療、そして麻痺などにより失われてしまった機能を回復させるリハビリがあります。

 

現在では発症早期(急性期)からのリハビリが推奨されており、機能回復を目的とした治療が行われます。
急性期や回復期を過ぎると自宅での療養も可能になり、通院でリハビリを受けたり薬を服用して回復を目指します。

 

脳卒中の治療期間・治療のための費用は?

脳梗塞で入院すると、その程度にもよりますが入院日数は平均3〜4ヶ月程度になります。
高齢になれば日数は長期化する傾向になり、目的に応じて病院を転院することもあります。

 

また、後遺症の程度にもよりますが、退院後のリハビリも長期間かかることがあります。
入院費用は手術の有無や入院期間にもよりますが、100万〜200万程度(高額療養費により1ヶ月の上限8万程度)が必要になります。

おすすめの保険はこちらです

アメリカンホーム保険会社

【みんなのほすピタるシリーズ】

アメリカンファミリー

【アフラック ちゃんと応える医療保険EVER】

アメリカンホームダイレクトの引受基準緩和型保険「みんなのほすピタる終身型」は健康告知の基準を引き下げ、持病があっても申し込みやすい医療保険です。加入するために必要な条件は4つ。加入以前にかかっていた持病・既往歴も保証対象となり、再発・悪化による入院や手術などが補償されます。

CMでお馴染みのアフラック「もっとやさしいEVER」は健康に不安がある方も入りやすい医療保険です。
必要な告知事項(条件)は3つと他社の保険よりも少なめで、健康上の理由で保険加入を諦めていた方でも加入できる可能性があります。