心臓病ってどんな病気?

心臓病(心疾患)は動脈硬化が原因となる狭心症心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈や心房細動などの脈の乱れを起こす病気や先天性のもの、心筋・弁膜の病気等に分けられます。

 

その中でも多いのは虚血性心疾患で、これらは心臓の血管である冠動脈が動脈硬化や詰まりを起こして生じ、主な原因に生活習慣があげられます。
狭心症は程度が比較的軽く、元に戻るタイプの虚血性心疾患で、心臓に一時的に血液が少なくなり胸痛の発作が起こる病気です。

 

心筋梗塞は冠動脈の内側がふさがって血流が一定時間以上とだえ、部分的に心筋の組織が壊れてしまう病気です。
ほとんどの場合激しい胸痛で始まり、急に発症します。
冠動脈硬化の6大危険因子は@高血圧、A脂質異常、B喫煙、C高血糖、DストレスE肥満と言われていて、まずは生活習慣を見直すことが重要となります。

 

また、心電図やレントゲン検査、カテーテル検査などでも発見することができます。

 

狭心症・心筋梗塞の治療は?

狭心症と診断されたら、発作時に血管を広げる薬を飲んだり、貼り薬等の治療があります。

 

また、心筋梗塞の発作が起こった時には対応可能な病院に入院することが最優先となります。
早期であれば救命率もあがり、急性期を乗り越え安定した状態になれば手術療法が適応となることもあります。

 

狭心症・心筋梗塞の治療期間・治療のための費用は?

心疾患の入院平均日数は21.9日で年齢が高齢になると長期化する傾向にあります。
狭心症が進行し、冠動脈が狭くなってしまった場合にカテーテルを使って狭くなった冠動脈を広げる手術をします。
2泊3日程度の入院で手術費用は150万程度になります。
実費負担は4〜8万程度で退院後にも服薬が必要です。

 

心筋梗塞で一部の細胞が死んでしまっている場合にはバイパス手術が行われます。
症状が安定するまでに2週間〜1ヶ月程度の入院が必要です。
費用は200万〜400万くらいで実費負担は8万円程度になります。その後も定期的な検査は必要なため、
通院にも考慮が必要です。

おすすめの保険はこちらです

アメリカンホーム保険会社

【みんなのほすピタるシリーズ】

アメリカンファミリー

【アフラック ちゃんと応える医療保険EVER】

アメリカンホームダイレクトの引受基準緩和型保険「みんなのほすピタる終身型」は健康告知の基準を引き下げ、持病があっても申し込みやすい医療保険です。加入するために必要な条件は4つ。加入以前にかかっていた持病・既往歴も保証対象となり、再発・悪化による入院や手術などが補償されます。

CMでお馴染みのアフラック「もっとやさしいEVER」は健康に不安がある方も入りやすい医療保険です。
必要な告知事項(条件)は3つと他社の保険よりも少なめで、健康上の理由で保険加入を諦めていた方でも加入できる可能性があります。