糖尿病ってどんな病気?

現在日本の糖尿病患者数は急激に増加していて、平成19年の国民健康・栄養調査によると10年で患者数は29%増加、予備軍も合わせれば61%と増加し、日本は世界で6番目に糖尿病患者が多い国と言われています。

 

糖尿病は1型と2型に大きく分かれ、最近急増しているのは運動不足欧風化された食事などといった生活習慣が原因で血糖値を下げるホルモンであるインスリンが上手く働かなくなってしまった2型の糖尿病です。

 

糖尿病を放っておくと重篤な合併症を引き起こすことが知られています。

 

これらの合併症の代表的なものには痺れや感覚障害などを起こす「糖尿病性神経障害」、視力が低下する「糖尿病性網膜症」、悪化すると人工透析が必要となる「糖尿病性腎症」などがあります。その他にも傷が治り難くなる、感染を起こしやすくなるなど弊害がたくさんでてきます。

 

糖尿病の治療は?

糖尿病の基本治療には食事療法運動療法、そして血糖値を下げる薬の服用や

インスリン注射などの薬物療法があります。
通院治療で効果が少ない場合は病院で入院し、血糖値をコントロールする
「教育的な入院」を医師から勧められることもあります。

 

糖尿病の治療期間・治療のための費用は?

糖尿病は基本的に完治が難しい病気ですが、毎日の食事療法と運動療法で増悪を予防することはできます

 

血糖のコントロールが自宅で出来ない場合、病院で生活週間の改善を目標とする「教育入院」を勧められることができます。
教育入院は約1〜2週間程度実施されます。退院しても生活週間の改善が見られない方は何度も繰り返し入院措置が取られることもあります。
他には通院では検査条件が満たせないような検査を行う場合は3〜4日程度の入院が必要になることがあります。
通院は血糖値の状態や治療内容にもよりますが月1回程度が継続して必要となってきます。
通院のための交通費や仕事を休むなども影響がでますのでそれらも考慮しながら主治医を決めましょう
医療経済研究機構の「政府管掌健康保険における医療費等に関する調査研究報告書」によると糖尿病患者1人あたりの平均的な医療費は半数以上が月額5,000円〜15,000円で程度です。

おすすめの保険はこちらです

アメリカンホーム保険会社

【みんなのほすピタるシリーズ】

アメリカンファミリー

【アフラック ちゃんと応える医療保険EVER】

アメリカンホームダイレクトの引受基準緩和型保険「みんなのほすピタる終身型」は健康告知の基準を引き下げ、持病があっても申し込みやすい医療保険です。加入するために必要な条件は4つ。加入以前にかかっていた持病・既往歴も保証対象となり、再発・悪化による入院や手術などが補償されます。

CMでお馴染みのアフラック「もっとやさしいEVER」は健康に不安がある方も入りやすい医療保険です。
必要な告知事項(条件)は3つと他社の保険よりも少なめで、健康上の理由で保険加入を諦めていた方でも加入できる可能性があります。